利用規約

ピンクテクス 利用規約

ピンクテクスが提供するサービスをご利用いただく皆様には、以下の規約を承諾の上、ご利用いたただいているものとみなします。

  1. 総則

    全てのご利用サイト(以下、甲)はここに定める全ての規約及び条件を完全に遵守するものとする。本サイト ピンクテクス(以下、乙)は、これらの規約及び条件に違反した甲に対して、利用の停止、アカウントの削除等の措置を執行できる権利を有するものとする。また、甲の違反によって乙に損害が生じた場合は、乙は甲に対して損害全額の賠償を請求できるものとする。

  2. サービス提供の拒否権

    乙は、利用サイトとしてふさわしくない甲に対して、サービスの提供を拒否することができるものとする。ふさわしくないという判断は、乙が独自に判断できるものとし、乙はその理由を開示する義務を負わない。一例として、以下のような内容を含むサイトでは乙の提供する如何なるサービスも利用することはできない。以下の内容を含まないサイトでも、乙が独自の判断に基づいて、サービス提供を拒否することがある。

    1. 著作権、肖像権を侵害している内容のサイト
    2. 他人の名誉を傷つける内容のサイト
    3. 誹謗中傷的な表現の著しいサイト
    4. 反社会的な内容のサイト
    5. 違法な活動を支援または助長しているサイト
    6. 内容が不明のサイト
    7. その他、乙がふさわしくないと判断したサイト

    乙では、適時甲を監視しており、上記のようなサイトに掲載されている事を発見した場合には、乙は、甲に対して、事前通告なくいつでも直ちに、利用を停止する権利を有するものとする。

  3. バナーの表示規定

    甲のどこにバナーを表示するかは、表示を損なわない範囲で甲側が決定できるものとする。甲は乙が提供するバナー表示用タグを乙に対して著しい不利益を与えない範囲で調整を可能とする。目に見えないフレーム上に配置することは禁止する。

  4. 禁止行為

    甲は、乙の配信するバナーを自らクリックする事は禁止とする。また、IMGタグやFRAMEタグ、JAVA SCRIPTほかスクリプト等で強制的にクリックを誘発する行為は一切禁止とする。

  5. 管理者責任

    甲は常に自己のサイトを適切に管理し、そのサイトのコンテンツ全てが法的に適正であること、そして著作権その他の権利で保護された内容物の一部及び全てを使用できる正当な権利を有することを保証する。これが満たされていないと乙において判断する場合または第三者より乙に対しサイトの内容につき抗議・質問・申入がなされた場合、乙は、利用を停止する権利を有するものとする。また、甲は、自己のサイト上で違法行為や公序良俗に反する言動が行われないよう注意しなければならない。

  6. 損害の免責

    乙サービスの利用により発生した、甲の損害については、間接非間接を問わず、乙は賠償の責を一切負わないものとする。甲が乙サービスを利用することにより乙または第三者に対して損害を与えた場合、当該甲は、自己の責任により一切の問題を解決するとともに、乙に何ら被害を与えないよう、ただちに適切な措置を講じることに同意する。

  7. 適切なクリック

    乙は、規約を遵守した状態で表示されたバナーに対して、閲覧したインターネットユーザーが、バナー内容に対する興味・関心に基づいて、自発的に、適切な方法で行ったクリックのみカウントする。適切か適切でないかの判断は、乙が一方的に行うことができるものとする。なお、乙の自社広告に関してのクリックはカウントされないものとする。なお、乙はマーケットリサーチや効果測定などのサンプルを取得するために自社広告を利用することができるものとする。
     乙は、広告主や利用者に対してクリックの質を保証するため、クリックの発信元を分析して、適切なクリックのみをカウントする、極めて厳格なカウントシステムを採用している。短期間に同一人物により生成されたクリックや、携帯電話端末、検索エンジン、自動巡回ロボット等のロボットが生成したクリック、および、甲が誤った設定をしているタグからのクリック等については、排除してカウントするようになっている。
     甲は、乙のシステムによるクリックカウントの方法について完全に同意し、その結果についての一切の異議申し立てを行わない。また、乙は、セキュリティ保護のため、このシステムの内容について一切の開示を行わない。

  8. システムによる監視

    甲は、乙が甲による不正行為などの監視を行うことを承諾するものとする。甲が故意に表示回数及びクリック数を操作しようとした場合、そうした不正行為は、システムにより全て検知・記録される。
     乙は、不正なクリックを生成している可能性のある疑わしい甲、管理者(同一グループ)によって習慣的にクリックが行われているサイト、甲管理者(同一グループ)によるクリックが多い、又はその比率が高いサイトを発見した場合は、事前通告なくいつでも直ちに、利用の停止、登録資格の抹消、または法的措置、あるいはそれら全ての手段に訴えることができるものとする。不正の有無についての判断は、乙が一方的に行うことができるものとし、その説明の義務を負わない。
     乙は、疑わしいと考える甲に対して、サーバーのログファイルを提出するよう求める権利を有するものとする。

  9. 申込事項の保証

    甲は、乙への申込事項の内容が虚偽でないことを保証する。申込事項に虚偽の内容があったことが判明した場合、乙は、甲に対して、利用を停止する権利を有するものとする。

  10. 申込事項の変更

    甲は乙への申込事項に変更が生じた場合、速やかに通知をおこなう。甲からの変更通知がないために、乙からの通知またはその他のものが延着し、または到着しなかった場合には乙はその責任を負わない。甲の解約をする場合は、乙に解約希望の通知をおこなう。

  11. 紹介プログラム

    甲は、自覚している・していないに関わらず、乙の紹介プログラムを利用している他の既登録サイトからのリンク経由で乙への登録申請を行った場合は、その既登録サイトから紹介されたとして乙システムに登録され、掲載開始後は獲得クリックが紹介元の既登録サイトへ開示されることに同意する。

  12. 連絡手段

    甲と乙間の連絡は原則として甲用の問合せフォーム及び電子メールにて行うものとし意図的に受信拒否することはできないものとする。乙から甲への連絡するための電子メールアドレスは、乙が提供するアカウント管理画面内の個人情報管理ページで甲管理者が指定し管理を行うものとする。甲管理者が連絡不能な電子メールアドレスを登録しておくことや電子メール受信簿の容量制限を越えるエラー等が生じることにより乙から甲への連絡がとれない場合、乙はその責任を負わないものとする。また、電子メールの送信エラーが多発する場合、乙は該当する電子メールアドレスを管理画面内から消去することができるものとし、それによって乙から甲へ連絡が行えない場合、乙はその責任を負わないものとする。

  13. 守秘義務

    甲は、乙システムの利用により入手した情報について、いかなる情報も公開または第三者へ漏洩してはならない。こうした情報には、アカウント管理システムに表示される全ての情報や、乙より送信される電子メールに書かれた全ての情報を含むものとする。広告甲の登録を解約した後においても、いかなる情報も公開または第三者へ漏洩してはならない。

  14. 規約及び条件の改訂

    本規約及び条件は、乙の判断により加入者の承諾なく変更・改訂を行うことができる。改訂後の本規約も、乙と加入者との間の一切の関係に適用されるものとする。規約の変更・改訂は、甲ログイン画面にて告知する。

  15. 登録の抹消

    乙はいかなる理由にかかわらず甲に対して、14日前の事前通告の後、いつでも登録を抹消する権利を有するものとする。120日以上、利用が確認されていない甲に対して、乙は事前通告なくいつでも直ちに利用の停止、登録の解除を行う権利を有するものとする。

  16. 利用規約の発効

    この利用規約は、乙が甲からの登録応募を受理した日から効力を生じる。

  17. 裁判管轄

    乙と甲との間で訴訟が生じた場合、乙所在地を管轄する裁判所を第一審の専属管轄裁判所とする。

  18. 諸法令、諸規則の遵守義務

    甲は国内外の諸法令、諸規則を遵守し、これに従うものとする。

付則
本規約は、2006年5月8日から施行します。同日0時以降に利用者登録申請を行った方については、本規約に同意したものとみなします。

2008年03月02日 本規約第7を改訂しました。
2010年04月21日 本規約乙の名称を改訂しました。

 



その他のサービス morolicious